空手剛柔流開祖
先賢 東恩納寛量先生の「那覇手」の技術を継いだ拳聖 宮城長順先生は
明治21年(1888)4月25日、那覇市東1丁目11番地にて生を受
ける。当時宮城家は、那覇では資産家として知られており当家三男、長祥
の長男としての誕生であった。
11歳の頃、母の勧めで新垣隆功氏に預けられ、空手の指導を受ける。
あまりの稽古熱心な姿に新垣氏は心を打たれ、長順先生が14歳になった
頃、知人でもあった那覇手の大家、東恩納寛量先生に紹介した。それより
寛量先生の門徒となり極めて厳しい指導を受ける。
長順先生の強靭な忍耐力と旺々なる研究心を以っての寝食忘れた修業の中
師の足跡を辿り中国の福建省福州に渡り拳法の大家を訪ねて自らも研鑚を
終えて帰国した大正4年(1915)10月、病に伏した寛量先生を自宅
に引き取って看病に当たり、最後まで見送られた。
寛量先生亡き後も、稽古修業は一層厳しさを増し、研究を極める為、武術
に打ち込んだ。
大正15(1926)年3月、長順先生はじめ、首里手の花城長茂先生、
本部朝勇先生、摩文仁賢和先生とで「唐手研究倶楽部」を発足、空手界の
統一と普及を図る。
昭和2年(1927)12月、柔道の創始者である加納治五郎先生が、沖縄柔道有段者会の招待で沖縄を訪問された時、長順先生の演武をご覧になりその高度な技法に驚きを示され、後に空手を研究されて国民体育体操を考案、創作し講道館柔道の型として制定されることになる。
昭和4年(1929)、新年度より沖縄県警察及び那覇市立商業高校にて正課となり、師範を務めた。また立命館、同志社、関西大学に空手部が創設され、召喚される度に指導に当たった。
昭和5年(1930)、拳法八句のひとつ法剛柔呑吐より流派名を剛柔流と命名した。これは空手道史上初の流派名となる。
昭和12年(1937)5月、大日本武徳会に於いて演武し、全国初の空手術教士の称号を授かる。
昭和13年(1938)4月、沖縄県師範学校、空手師範の任に就く。
昭和20年(1945)、終戦によって沖縄民政府が創設され、警察学校教官として警察官の指導に当たる他、自宅道場にて門弟育成に尽力した。

昭和28年(1953)10月8日、惜しまれつつも逝去。                    享年65歳




継承される剛柔流空手道
「那覇手の大家」、東恩納寛量先生より剛柔流開祖、宮城長順先生、そして宮城安一先生へ。
宮城安一先生は、第二次世界大戦後初の門下生として入門当初より師を敬い、開祖、宮城長順先生と寝食を伴にされ日夜常に師の側に在り、献身的に身の周りのお世話をしながら、夜は厳しい指導のもとで稽古に励み、師弟愛で結ばれる中で奥深い剛柔流の術理を伝授されました。
その宮城安一先生の薫陶を受け、「沖縄剛柔流」直系継承者として東恩納盛男先生は次世代を託され、開祖の遺志を忠実に守り、国内外の多くの門弟達に引き継がれております。



歴代の空手先生
東恩納 寛量先生 宮城 長順先生 宮城 安一先生
東恩納 寛量 先生 宮城 長順 先生 宮城 安一 先生



空手沖縄剛柔流訓


<沖縄剛柔流の極意は型の中に在るとしるべし>

型は単なる形を示すものに非ず、変幻自在の動作を単的に具現せるものとして、剛柔流の神髄、ここに結晶しあることを認識、常に初心に立ちかえり練磨すべし。
単純素朴なる練磨と疎かに思うべからず、これを通してのみ極意に到達するものなり。




<沖縄剛柔流は自己の中に天地自然の調和を表現するものなり>


柳の如く柔軟なる面と、動かざること泰山の如き面、即ち剛柔両極の混然と一体となる時、諸元調和の天地の揺るぎなき姿、そこに展開するなり。
剛と柔の調和は乾坤一如、自然の摂理と同義にして、実に吾人は、沖縄剛柔流を通じ、自己一身の中に自然の調和を表現し得ることを知るべし。




<沖縄剛柔流は徳の道を追及するのもなり>

沖縄剛柔流は肉体と精神を練磨することにより霊肉一致の理想的人間性を涵養するものなり。もとより兵法には、「勝つ」と云う一義はあれども徳の至りにて勝つことこそ至高なものなり。
故にこの道を志す者、常に「忍」の一字を忘れず。
自らの徳を高め、戦わずとも勝つと云う兵法、終局の極意を追及すべし。



宮城 長順先生 遺訓

人に打たれず人打たず事なきを基とするなり